新型コロナウイルス感染症に対する宜野湾市の対策方針 令和3年4月12日

更新日:2021年04月12日

新型コロナウィルス感染症に対する宜野湾市の対策方針

令和3年4月12日

 

宜野湾市新型コロナウィルス感染症対策本部

                 

 沖縄県において、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数が急増しているため、4月9日に政府が「まん延防止等重点措置」の適用対象として指定し、期間は4月12日から5月5日までと定められました。

 そのため、沖縄県が現在実施している「感染急拡大を封じ込めるための緊急特別対策」を4月11日までとして、4月12日より「まん延防止等重点措置」指定に伴う対処方針を決定し、「県全域での不要不急の外出や移動を自粛すること」や「県外・離島との不要不急の往来は自粛すること」等を県民に対して要請されています。

 県内の感染状況においては、4月7日から4日連続で100名を超す新規陽性者が確認され、今年1月に独自の緊急事態宣言を発出した時点を上回り、警戒レベルは第4段階の感染まん延期に引き上げられています。

 本市においても、4月7日から4月10日の4日間で47名の陽性者が確認されており、県と同様の急激な増加となっています。

 そのことから、本市においては沖縄県の定める対処方針に基づき、本市対策方針を決定しましたので、市民の皆様にお知らせします。

第1.対策期間について

   令和3年4月12日(月曜日)から5月5日(水曜日)まで

 但し、県の警戒レベル段階、実施内容等について変更等があった場合及び市内陽性者状況を踏まえ、変更もあり得ますので、その際は随時ホームページ等でお知らせいたします。

第2.感染拡大防止対策について

(1)外出自粛の要請については、医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、心身のリフレッシュや運動・散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除き、原則として外出を控えること。

(2)密閉空間・密集場所・密接場面という集団感染の起こりやすい場所に行くことを避けること。

(3)感染症対策として引き続き咳エチケットや手洗いの励行、こまめな換気、ソーシャルディスタンス(身体的距離)の確保の実施に努めていただくこと。

(4)県外及び離島との不要不急の往来を自粛していただくこと。

※来訪者の皆様は、国の基本的対処方針において、それぞれの都道府県で外出自粛が求められ、又は帰省・旅行について慎重な検討を促されていることにご留意ください。

 

第3.事業・集会・行事・イベント等について

  感染拡大の防止という観点から、宜野湾市として人が集まる事業・集会・行事・イベント等は対策期間中、原則自粛といたします。

  なお、国及び県からの通知等がある場合については、通知及び市の対策方針に基づき検討いたします。

 

第4.宜野湾市施設(指定管理者含む)の利用について

 宜野湾市施設に関しては、感染防止対策を徹底しながら、引き続き運営を継続しますが、運営時間は夜8時までといたします。

  なお、利用者に倦怠感等の体調不良がみられる場合や発熱や咳などの症状がある場合は、利用を控えて頂くようお願いいたします。

 

第5.学校等における感染症対策について

  幼稚園・小学校・中学校については、学習の機会を保障する観点から、感染拡大防止対策の徹底をしながら、通常通り登園・登校といたします。

 

第6.保育所等における感染症対策について

 保育所等については、感染拡大防止対策の徹底をしながら、通常通り開所といたします。

 

※上記は、沖縄県における「まん延防止等重点措置」指定に伴う沖縄県対処方針を踏まえ、新型インフルエンザ等特別措置法及び沖縄県新型コロナウィルス感染症等対策条例の協力依頼に基づき、本市の対策方針としています。

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか