古紙類の資源化について、資源ごみ(古紙)回収団体報奨金制度の終了について

更新日:2020年06月30日

1正しい分別による古紙類の資源化

 宜野湾市では、古紙類は「資源ごみ」として分別収集を行っており、市民の皆様にも、ごみの減量・資源化にご協力いただいておりますが、それでも可燃ごみの中に「紙類」が約3割程度含まれている実情があります。
 その「紙類」には、ティッシュやお菓子などの空き箱、メモ用紙などの小さな紙切れ、使用済の封筒などの「雑紙」が多く含まれています。
 ほとんどの紙類は、しっかりと分別をすれば「資源物」としてリサイクルすることができますので、今一度分別方法をご確認の上、雑紙を資源化し、燃えるごみを減らしましょう!

2「資源ごみ(古紙)回収団体報償金制度」の終了について

 環境対策課では、宜野湾市資源回収推進団体報奨金交付要綱に基づき予算の範囲内で交付を行って参りました。資源回収推進団体報奨金につきましては、令和元年度をもちまして、交付を終了することになりましたのでお知らせいたします。皆様方のご協力ありがとうございました。

お問い合わせ

市民経済部 環境対策課

連絡先

098-893-4411 (代表)

  • 清掃指導係 (内線 452~455 )

窓口

環境対策課:新館2階(庁舎内マップは下記リンクの「2階」をご覧ください。)