施設等利用給付認定(新2号・新3号)の手続きについて

更新日:2022年01月05日

お知らせ

令和4年4月1日から施設等利用給付認定の要件を満たす方、既に認定の要件を満たしていて申請がまだの方も随時受付を行っています。必要書類を下記よりダウンロードしてご準備いただき子育て支援課窓口へ提出ください。無償化が認定されるのは申請した日からです。申請以前の保育料等は自己負担となりますので、施設を利用する前に申請をお済ませください。

施設等利用給付認定(新2号・新3号)とは

 令和元年10月より、幼児教育・保育の無償化にあたり「子育てのための施設等利用給付」制度が開始しました。未移行幼稚園の保育料、幼稚園や認定こども園(教育部分)の預かり保育の保育料、ならびに認可外保育施設等の利用料の無償化を受けるためには、事前に「認定」の手続きが必要となります。認定の手続きは、居住地の市町村に対して行います。施設等利用給付認定は、必ず事前に申請してください。申請日より前に遡っての認定はいたしません。無償化の対象になるのは、都道府県に届出を行っている認可外保育施設等のうち、市町村の「確認」を受けている施設です。既に教育、保育給付認定を受けている方(認定期間が有効な「支給認定証」をお持ちの方)は、施設等利用給付認定の申請前に一度ご相談ください。

施設等利用給付認定(新2号・新3号)の要件

・父母に保育を必要とする事由があること

・新3号認定(0歳・1歳・2歳)については、父母(父母以外の保護者(祖父母等)が家計の主宰者と判断される場合は当該保護者も含む)が住民税非課税であること(未申告の場合、認定できません)

・施設型給付費等の支給を受けていない(認可保育施設等を利用していない)こと

・企業主導型保育事業を利用していないこと

・育児休業を取得している場合、育児休業に係る子どもが2歳に達していないこと

・利用する園が無償化対象の施設であること。(園へ確認ください)

提出書類について

施設等利用給付新2号認定 ※対象となる子どもが3歳~5歳児                                         (1)子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書                      (2)保育を必要とする事由を証明する書類(父母両方の書類)                     施設等利用給付新3号認定 ※対象となる子どもが0歳~2歳児                                         (1)子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書                      (2)保育を必要とする事由を証明する書類(父母両方の書類)                    (3)市町村民税非課税世帯であることを証明する書類(課税証明書)                      ※令和3年1月1日時点で宜野湾市に住民登録のない方は、提出してください。            (父母両方の書類が必要です。)                                    

 ※新2号・新3号の認定の年齢は、対象年度における4月1日時点の年齢を指します。

施設等利用給付申請書

施設等利用給付認定における「保育を必要とする事由を証明する書類」について

保護者全員が下記のいずれかに該当する必要があります。該当する事由の必要書類を添付のうえご提出ください。様式は下記よりダウンロードをお願いいたします。事由に変更が生じた場合は、宜野湾市に認定区分の変更申請をする必要があります。認定理由によって認定有効期間が異なります。

就労の方

●就労での認定には月に64時間以上、月52,000円以上の収入が必要です。

●「就労証明(申告)書」※子育て支援課指定の様式                           ●自営業法人役員である場合は、就労証明(申告)書に加えて、官公庁が発行した証明書(もしくは官公庁に提出した届出書等の写し)※保護者の名前が記載されているものに限る。              【例】                                                     (1)税務署に営業所得を確定申告した際のご本人控えのコピー。                                               ただし下記アイウが確認できること。                                                     ア.税務署の受付印が押印されているページ。                           イ.e-taxなら送信日時が記載されたページ。                              ウ.ご本人の住所氏名が記載されているページ。                          (2)税務署への個人事業届の本人控えや、保健所の営業許可証等のコピー。                 (3)役員欄にご自身の住所氏名が記載された法人登記簿謄本。ただし、1年以内に発行されたもの。  ※証明書が無い場合:民生委員による証明(就労証明(申告)書下部)

妊娠・出産の方

●親子健康手帳(母子手帳)のコピー                                    ※お母様のお名前と、出産予定日がわかるページのコピーを提出してください。

疾病・障がい

●診断書(子育て支援課指定の様式)または以下の書類のコピー                (1)身体障がい者手帳 (2)療育手帳 (3)精神障がい者保険福祉手帳

親族の看護・介護

・看護・介護申立書(子育て支援課指定の様式)

・看護・介護される方の診断書(子育て支援課指定の様式)または以下の書類のコピー      『身体障がい者手帳』,『療育手帳』,『精神障がい者保健福祉手帳』,『介護保険被保険者証』

災害復旧等

・罹災証明書

求職活動中

就学の方

●授業時間が月64時間以上でることが必要です。※自動車学校、塾、教室等は除く

・在学証明書                                                   ・授業日程証明書(時間割)

育児休業取得中(取得予定)

・就労証明(申告)書(子育て支援課指定の様式)                           ※休業期間、職場復帰(予定日)を記入してください。

みなし育休

2歳未満の児童を家庭保育している(育児休業を取得している場合を除く)

●ひとり親世帯

・保護者の戸籍謄本                                             ※児童扶養手当、母子父子医療費助成、遺族年金のいずれかを受給している場合は、提出不要

●民生委員からの証明を受ける方

証明を受ける際に民生委員にお渡しください。

ご不明な点は宜野湾市役所子育て支援課までお問い合わせください。

電話098-893-4411

  • 内線:3312.3313