令和元年地域づくり事業活動団体【にぬふぁぶし】

更新日:2020年08月21日

団体名

にぬふぁぶし

事業名

ましきわくわく!まちたんけん パート2

助成額

50万円

事業概要

地域の特色・魅力ある講習会、ワークショップを開催することで、地域住民が自分の住んでいる地域に愛着と誇りを持ち、地域に関わり、地域コミュニティの活性化につなげる。

活動内容

第1回:あーまんシアターと海のかんさつ会

日時:令和元年6月2日

場所:宇地泊公民館・トロピカルビーチ

参加者:58名

協力者:鹿谷麻夕、鹿谷法一(しかたに自然案内)

              あーまんシアター

第2回:普久川かんさつ会

日時:令和元年8月18日

場所:普久川

参加者:31名

協力者:千木良芳範(宜野湾市立博物館館長)

              飯沼慶一(学習院大学文学部教育学科教授)

第3回:むかしのくらしを体験 タイムスリップ

日時:令和元年12月15日

場所:宜野湾市立博物館・森の川

参加者:20名

協力者:平敷兼哉(宜野湾市立博物館)

     松本眞清、呉屋真市(真志喜出身者)

第4回:植物となかよしになろう!

日時:令和2年1月19日

場所:真志喜公民館・森川公園

参加者:19名

協力者:アリヤモトコ(あるむんじゅくい)

出前授業:受けつがれるましき大つなひき

日時:令和2年1月30日

場所:宜野湾市立はごろも小学校体育館

参加者:157名

協力者:又吉斎(沖縄女子短期大学准教授)

      真志喜区自治会のみなさま

       龍宮ほらガールズ

じのんわくわく!防災キャンプ

日時:令和2年2月15日

場所:大山公民館

参加者:日帰り89名、宿泊24名

協力者:大山自治会、大山区民生員、宜野湾市市民防災室、市民協働推進課、社会福祉協議会、一般社団法人スウェーデンケアジャパン、NPO法人地域サポートわかさ、沖縄NGOセンター、宜野湾消防署、久場麗美(子どもアトリエネロ)、稲垣暁(社会福祉士、防災士)、ぼら中あ~り~&シェアキッチンめ~ぐ、渡邊強(ハワイアンHULA)、謝花勇武・田中茂徳(ConstantGlowth)

活動効果

 自分の住む地域の自然環境と北部を比較するため、名護の川での観察会を実施した。地域では体験できない自然と動植物に親しむことができた。

 これまで様々なワークショップを実施していく中で、地域を知る、学ぶ、歩くことは『防災』に繋がることだと実感。そこで『防災』をキーワードに親子で楽しく学ぶ機会となる『防災キャンプ』を大山区自治会、多くの協力団体の皆様と実施となった。

 地域の自然や伝統文化、地域コミュニティー、様々な分野で活躍する方々との出会いとなった。地域に住む親子が地域のことに目を向け、いろんな分野で興味・関心を持っていただき一歩踏み出すきっかけづくりになっている。

 また、趣旨に賛同し協力いただく自治会、団体などが増え活動の広がりと繋がりが見えてきた。楽しみに参加してくださっている保護者からは『活動のお手伝いがしたい』との声も頂いている。

この記事に関するお問い合わせ先

市民協働推進課 市民協働係


〒901-2710
沖縄県宜野湾市野嵩1-1-1
電話番号:098-893-4119

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか