令和2年地域づくり事業活動団体【広報人材育成プロジェクト実行委員会】

更新日:2021年05月07日

写真
写真

団体名

広報人材育成プロジェクト実行委員会

事業名

広報人材育成プロジェクト

助成額

491,384円

事業概要

広報にまつわる講座を開催し、広報技能やツールを習得し、広報に特化した人材を育成する。広報技能を習得した人材が各地域で増えることによって、市内各地で広報活動が活発になり、地域の情報発信力が高まる。

活動内容

広報概論・倫理

日時:2020年10月6日(火曜日)19:00~20:30 (90分)

講師:稲垣 暁 (元毎日新聞記者・防災士)

内 容:広報についての理解やなぜ広報が必要なのかについて知り、活用するための目的や広報倫理について学んだ。

参加者:36名

 

SNS講座

日時:10月20日/27日 全2回 19:00~20:30

講師:園田 めい

内容:より重要度が増しているSNSの活用講座。SNSの仕組みについて学び、集客につながる情報発信や投稿方法などを講習した。

参加者:31名 / 27名

 

動画活用講座

日時:11月3日/ 10日 全2回 19:00~20:30

講師:宮城 光司 (クリックボイス沖縄 代表)

内容:YouTubeやズームの仕組みを知り、効果的に活用する事が目的。今回は編集方法などのテクニカルな部分よりも、ズームやYouTubeを活用した集客方法や周知方法を中心に講習を行った。

参加者:22名 / 23名

 

市民ライター講座

日時:11月17日/24日(金曜日)全2回 19:00~20:30

講師:金良 孝矢(琉球新報中部支社 記者)

内容:現役新聞記者から事実を伝える文章構成や記事の書き方、印象的な写真の撮りかたを学んだ。

参加者:22名 / 18名

 

まとめ講座

日時:2020年12月1日 19:00~20:30

講師:稲垣 暁

内容:講座全体の振り返りを行い、4名の受講生がそれぞれ学んだことを発表した。

参加者:20名

活動効果

今回は新型コロナウイルスの影響で受講生を一箇所に集めて講座を行うことが出来ない状況だったため、急遽ズームを活用してのオンライン講座に切り替えました。しかしそれが奏功した部分があり、受講生の幅が増えました。特に、子どものいるシングルマザーや時間の都合がつきにくい方、市外からの参加者にも喜ばれました。中には宮古島の受講生もいた。

一方、オンラインにも関わらず、受講生の年齢層が23歳から67歳と幅広く、職種も学生や個人事業主、市議会議員、観光関係や福祉関係者と多岐にわたっていました。

実際に受講後、広報活動を行う受講生が前回よりも増えました。

動画を活用した広報を行う自営業の方や、地域を紹介するユーチューバー、自治会のFacebookを立ち上げオンラインを取り入れる方、新たにインスタグラムを活用し始めたシングルマザー、YouTubeチャンネルを作る福祉事業者の職員などがいました。

今回は自治会の広報を担う方が受講し、自治会広報に新たにSNSや動画を取り入れたことが一つの大きな成果であり、今後の活動に注目し取り組みを応援していきたいと考えております。

この記事に関するお問い合わせ先

市民協働推進課 市民協働係


〒901-2710
沖縄県宜野湾市野嵩1-1-1
電話番号:098-893-4119

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか