ぎのわん市の沖縄戦~”あの日の記憶”を語り継ぐ

更新日:2021年04月16日

メインビジュアル

体験者インタビュー動画(50音順)

戦争体験者証言集 石川信一さん(嘉数区)

戦争体験者証言集 伊波義雄さん(嘉数区)

戦争体験者証言集 大城勇一さん(上大謝名区)

戦争体験者証言集 呉屋稔さん(普天間区)

戦争体験者証言集 瀬名波起廣さん(上大謝名区)

戦争体験者証言集 玉那覇昇さん(宜野湾区)

戦争体験者証言集 玉那覇祐正さん(宜野湾区)

戦争体験者証言集 前田晴子さん(嘉数区)

戦争体験者証言集 宮城勲さん(嘉数区)

多文化共生推進事業の一環として、英語字幕も作成しました。

英語字幕の視聴方法はこちらから ⇒ 英語字幕視聴方法(PDFファイル:980.5KB)

市内の戦跡MAP

宜野湾市戦跡MAP

マンガで知ろう『ぎのわん市の沖縄戦』

戦争体験談_漫画

沖縄戦のできごと

注釈:太字は宜野湾市に深く関わるできごと

沖縄戦のできごと
1941年  
12月8日 日本軍が真珠湾(しんじゅわん)を攻撃。太平洋戦争が始まる
1944年  
3月22日 大本営、沖縄守備軍(第32軍)を編成する
8月22日 沖縄からの疎開船(そかいせん)「対馬丸」が米軍の攻撃により沈没。学童らを中心に1,400人以上が命を落とす
8月28日 普天間・宜野湾・嘉数国民学校の学童疎開者(がくどうそかいしゃ)が軍需貨物船「伏見丸」にて、宮崎県東臼杵郡東郷村(現:宮崎県日向市東郷町)へ出発
10月10日 十・十空襲。夕方まで5回にわたり、のべ約1,400機の米軍機から爆撃(ばくげき)を受ける
1945年  
3月26日 米軍、慶良間諸島(けらましょとう)に上陸
4月1日 米軍、沖縄本島の読谷-北谷海岸より上陸
4月3日 米軍、普天間東西の線まで進出する
4月4日ごろ 野嵩に民間人の捕虜収容所(ほりょしゅうようじょ)が設置される。米軍、北谷・島袋・大山・宜野湾の線まで進出
4月6日ごろ 嘉数高地で戦闘が始まる。
4月8日 米軍、西海岸の宇地泊-嘉数-我如古-南上原-和宇慶の日本軍陣地を全線にわたって攻撃する
4月19日 米軍、嘉数地区に猛攻撃
日本軍の激しい抵抗により、米軍は20輌(りょう)を超える戦車を失う。のちに米軍資料では、嘉数高地が「いまいましい丘」と記された
4月21日 日本軍が嘉数地区を撤退(てったい)する
4月24日 浦添市の前田高地で戦闘が始まる
5月12日 那覇市の安里52高地(米軍はシュガーローフと呼んだ)で戦闘が始まる
5月27日 第32軍司令部は首里から南風原の津嘉山を経て、5月29日に摩文仁(まぶに)に到達
6月 普天間飛行場の建設が始まる
6月23日 牛島満司令官、長参謀長が摩文仁で自決。日本軍の組織的戦闘(そしきてきせんとう)が終了する※別資料では牛島司令官、長参謀長の自決は6月22日
7月2日 米軍、沖縄戦の作戦終了を宣言
8月15日 日本が無条件降伏。これにより太平洋戦争が終結する
9月7日 米軍、越来村森根(現嘉手納飛行場)にて降伏調印式を行う
1946年  
2月上旬 宜野湾村民、久志村(現名護市の一部)や宜野座、石川から宜野湾村へ帰村
3月 宜野湾村民、前原、胡差からの設営隊派遣、その後、帰村
6月 知念村から宜野湾村民、帰村
10月 宮崎県から宜野湾村の学童疎開一行、沖縄へ帰る

参考文献
『宜野湾市史』第3巻 市民の戦争体験記録
『戦禍と飢え 宜野湾市民が綴る戦争体験』
『宜野湾 戦後のはじまり』(第2版)
『沖縄戦を知る辞典 非体験世代が語り継ぐ』
『沖縄県史』各論編 第6巻 沖縄戦

『ぎのわん市の沖縄戦』リーフレットをご覧になりたい方はこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか