地域との共同企画展 ぎのわんの"字”展「布織り美らさや 新城」

更新日:2020年09月19日

WEBパネル展について

 当企画展では、実験的にWeb上で企画展の内容を公開します。感染症のリスクを心配されている方、お身体が不自由な方、忙しくてなかなか日中に博物館に来れない方などなど、この機会に是非、宜野湾市立博物館の企画展の一部をWebにてご参観下さい!

 ただし、Webでの公開ですので、実物資料はもとより、アップできない資料もあるため、実際の展示よりもコンパクトになります。そのため、「WEBパネル展」としています。

 公開は順次行っていく予定ですが、更新は不定期になりますので、ご了承ください。

 


 

企画展がQABで紹介されます!

 これまで当企画展は、NHKのニュース番組や、沖縄タイムス、琉球新報各社に取り上げて頂きましたが、ご覧いただけましたでしょうか?

 今度は、9月24日(木曜)にQABの夕方のニュース番組「Qプラス」で紹介される予定です!新城区自治会の山城百合子会長がインタビューに答えて下さっていますので、是非ご覧になって下さい!

記者のインタビューに答える山城会長

記者のインタビューに答える山城会長

記者に説明する山城会長

佐喜眞興英についてもご紹介して頂きました


 

展示概要

字展のポスター

 内容

 市内1つの地域にスポットを当て、地域の皆さんと連携して行う展示会です。

 第13回目となる今回は、新城区自治会、字新城郷友会のご協力のもと、新城の歴史や文化を紹介します。

 戦前の新城集落は、現在の普天間飛行場内の小字新城原にありましたが、近世に西普天間住宅地区内にある小字下原(シンバル)から移動してきました。

 主に、この2つの集落跡の様子や芸能(マールアシビ)などについて、新城出身の民俗学者である佐喜眞興英の記述や、発掘調査の成果、新城区自治会や字新城郷友会からお借りしたマールアシビの衣装や小道具などを基に紹介します。


共催

字新城郷友会

新城区自治会


期間

9月9日(水曜日)から10月25日(日曜日)まで

注意:毎週火曜日、祝日はお休みです。


時間

9時から17時まで(入館は16時半まで)


 

字展図録の表紙

図録の配布について

展示会をご参観された方には、図録をお渡ししています。

本文14ページで、オールカラーです。

ご所望の方は、窓口までお申し付けください。


 

ご参観にあたってのお願い


 

関連講座(博物館市民講座)

郷土の偉人!佐喜眞興英

 新城出身で沖縄初の民俗誌を出し、裁判官でもあった佐喜眞興英(1893年~1925年)の生い立ちと功績について講演します。

日程:2020(令和2)年9月27日(日曜日)14時~16時

講師:仲村 元惟(宜野湾市史編集委員会 委員)

会場:宜野湾市立博物館 2階(研究室)

受講料:無料

 


 

お問い合わせ

宜野湾市立博物館 (宜野湾市教育委員会 教育部)

住所

〒901-2224
沖縄県宜野湾市真志喜1-25-1

連絡先

  • 098-870-9317
  • ファックス 098-870-9316

 E-mail