戦後75周年 慰霊の日写真パネル展「沖縄戦の中の宜野湾」の開催について

更新日:2020年07月09日

沖縄戦の終結から75年が経過し、戦後世代が大半を占めるようになった今日、戦時中の出来事を語れる体験者は少なくなっています。そのため、戦争における記憶の風化に伴い、各地では戦争体験者からの聞き取り調査や証言をまとめた刊行物が発刊されるなど、「戦争は二度と繰り返してはならない」と、次の世代へ継承する取り組みが行われています。
 本写真パネル展では、次の世代への継承を念頭に、沖縄戦の概要を踏まえ、宜野湾での戦闘状況や住民の様子を紹介し、戦争と平和について考えます。

展示概要

期間

令和2年6月13日(土曜日)~7月12日(日曜日)

休館

毎週火曜日 6月23日(慰霊の日)は開館します。

時間

9時~17時(最終入館は16時30分まで)

場所

市立博物館1階(企画展示室)

料金

無料

そのほか

関連講座(博物館市民講座)

中部戦線をめぐる(野外講座)

日時

2020年11月29日(日曜日)

講師

平敷兼哉(宜野湾市立博物館 館長)ほか

定員

15~25名(事前申込制、先着順)

申込期間

3週間前からを予定

お問い合わせ

宜野湾市立博物館 (宜野湾市教育委員会 教育部)

住所

〒901-2224
沖縄県宜野湾市真志喜1-25-1

連絡先

  • 098-870-9317
  • ファックス 098-870-9316

 E-mail

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
ご意見などございましたらご入力ください