令和3年度3月末時点、基地被害110番を掲載しました

更新日:2022年04月01日

 

 宜野湾市では、昼夜を問わず基地から発生する騒音や、米軍機が住宅地上空を飛行することにより発生する地上デジタル放送の受信障害に関する苦情等を受け付けております。

 苦情の受付については、下記のページをご参照ください。 

 

  市へ寄せられた苦情は、すべて市長まで目を通し、沖縄防衛局及び米側へ送付し、市民生活へ配慮するよう申し入れを行うとともに、市長による抗議・要請行動の資料として活用させていただいております。

 普天間飛行場等の在日米軍基地は、日米安全保障条約及び日米地位協定によって日本政府から米国に提供されており、市には米軍機の飛行に関する許可や管制の権限はありません。

 しかしながら、普天間飛行場は市の中心部に位置しているため、日常的に航空機騒音が昼夜を問わず発生し、市民生活に様々な影響を与えていることから、市では、国及び米側に対し、市民が負担を強いられている現状について、継続して訴えてまいります。

 

地上デジタル放送受信障害とは

 米軍機の飛行により、地上デジタル放送テレビの電波が遮断されることにより、一時的にテレビが見れなくなる現象が発生すること。

 市といたしましては、令和2年度より防衛省の補助金を活用し、受信障害対策事業を実施しております。

 地上デジタル放送受信障害対策事業については、下記のページをご参照ください。

寄せられた被害の声一覧

以下、市に寄せられた各年度の苦情一覧となります。

この記事に関するお問い合わせ先

基地渉外課 基地渉外係


〒901-2710
沖縄県宜野湾市野嵩1-1-1
電話番号:098-893-4462

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか